大東自工の日々あれこれ

日々の出来事や車のことなど、書いていこうと思っています。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comments
Links
Profile
Others

冬用タイヤは柔らかい

今日は暖かでしたね。
春になったなぁと思ったりもしますが、まだなんか肌寒い気もするし……もうすぐゴールデンウィークだというのに、着るものも悩むところです(悩むほど持ってないけど)。
でもさすがに、薄手のダウンを着ていたら、暑かったッス。

さて、前回の記事でタイヤの写真を載せましたが、皆さんはタイヤ交換されましたか?
それともスタッドレスが古くなったので、履き潰してしまおう、という考えですか?

そんなあなたに(笑)。

だいぶ前の記事ですが……そうやって来シーズンは新品にすることを前提に履きつぶす考えで、あえて交換せずに履き続ける人が、毎年約15%程度いるそうです。
しかし、こういった使い方には危険性があるのだとか。
スタッドレスタイヤは、「タイヤの溝の深さ」と「ゴムの柔軟さ」が特徴。
これは雪道を安全に走行する為ですが、深い溝は排水性を高め、ブロックに刻まれた細い溝(サイプ)は表面の水を吸い取り、引っ掻く(掴む)という働きがあるそうです。

そして、この働きを積極的にする為に、ゴムは低温でも柔軟さを失わない特殊なものが使用されています。
この状態が良好に保たれることで、本来のスタッドレスタイヤの性能が発揮されるそうです。

で、何が危険性なのかというと、溝が深くて、さらに細い溝まであるとなると、路面との設置面積が少なくなります。
粘土を彫刻刀で削っていくイメージ。

そうなってくると、今度は乾いた路面だと、摩擦力が減り、ブレーキの効きが悪くなります(制動距離が長くなる)。
ブレーキ踏んでも、キュッと止まらない。
とかく乾いた道路だとスピードを上げたくなりますもんね。

更に、コーナリングも悪くなるそうです。
特に雨の日はスリップしやすかったり、右左折する時に大回りしやすかったり。
ハイドロプレーニング現象も起こりやすかったり。
溝の排水が追いつかなくなるようです。

あとは、柔らかいと熱を持ちやすくなるそうな。
ということは、変形しやすかったり、乗り心地が悪くなったり、バースト(破裂)しやすかったり。
そうなってくると、運転性能も低下します。
スタッドレスタイヤに限らず、高速道路でバーストが多いのは、高速回転したタイヤが熱を持ちやすいからなんですね。
ちなみに、タイヤの空気圧が不足していると、高速回転したときにバーストしやすいそうですので、気をつけて。

ちょっとずれましたが、スタッドレスタイヤは本来、雪道を安全に走行することを想定して作られているので、快適性や安全面から考えても、冬が過ぎたら出来るだけ夏タイヤに履き替えることをお勧めします。

昔のことを考えたら、随分と性能は上がってますけどね。

それでも「夏タイヤ」、「冬タイヤ」と表現されているだけあって、性能差は歴然です。
出来るだけ履き替えていただくと……



整備工場としても助かるってものです。
(苦笑)

| 人気ブログランキングへ | comments(0) | trackbacks(0) | 車のあれこれ |
Comment









Trackback URL
http://blog.daito-jiko.noor.jp/trackback/325
<< タイヤ交換 | main | セパ交流戦の歌 >>